2人の理想を叶える結婚式場はどこ?【熊谷エリア編】

HOME » これから埼玉で結婚式を挙げる方がおさえるべきポイント » 後悔しない結婚式場選びとは?よくある失敗例をご紹介

後悔しない結婚式場選びとは?よくある失敗例をご紹介

結婚式は人生の一大イベントです。皆に喜んでもらえるような、満足のいく結婚式にしたいものです。式場選びでは後悔したくないですよね。

結婚式場を選ぶにあたってよくある失敗例をご紹介しますので、失敗例を見て式場選びの参考にしてください。

見積り金額と違う!予算オーバー

式場見学の段階では、見積もりは最低限の金額で出されることが多く、後に追加料金がかかってくる場合があります。

式場の下見のときに提示された金額は必要最低限のもので、料理やドレスのレンタルなどで追加され、予算を超えて増額となってしまった。予算をオーバーしてしまい、お色直しの回数を削ることに。

対策

結婚式で当初想定していた予算をオーバーしてしまうと、理想の結婚式ができなくなってくるばかりか、その後の新婚生活にも影響してきます。式場を決定する前に細かい見積りを出してもらい、追加料金のシステムも確認の上、複数の結婚式場から選びましょう。

会場を即決してしまった

意外と多いのが、ブライダルフェアに参加して、そのまま即決して契約をするケース。ほかの会場も見学せずに決めると、以下のようにさまざまな面で失敗することがあります。

  • 後から希望に近い式場を見つけたものの、キャンセル料がかかるためにあきらめた
  • 結婚式でやりたかった演出ができない
  • 好みのドレスがなかったが、持ち込み不可だった
  • 招待客の人数が増えたが、会場に入らない

対策

結婚式会場を決める際には複数の会場のブライダルフェアなどを見学し、比較して検討するようにしましょう。

会場の周辺をリサーチしていなかった

会場の雰囲気も理想に近く、決定してしまったものの、会場の周辺をリサーチしていなかったために失敗するケースもあります。

遠方から出席する親族や知人が交通機関の関係で披露宴開催よりもだいぶ早く到着。待合室を使う時間も限られているため、どこか良い場所で過ごしてほしいが、周辺に適当な場所がなかった……。駅から非常に不便な場所にあり、タクシーなどの手配で思わぬ出費をした。

対策

会場だけを見て決定するのではなく、遠方からの招待客が多い場合は駅からのアクセスを考慮したり、駅から遠い場合は送迎バスがあるかチェックするなどリサーチもしておきましょう。

費用を安くできたのに逃してしまった

結婚式場の大部分は披露宴会場や時間帯、結婚式の繁忙期、閑散期、お日柄によって、宿泊施設や旅行ツアーのように割引額の提示が異なってきます。大安などの良い日柄を抑えるために即決割引で契約したら、両家の両親も日柄のこだわりがなかった、別の会場でも良かった、ほかの式場の方が安かった……などということも。

対策

あらかじめこのようなことを確認しておけば、もっと費用も安く抑えられたという失敗例です。事前に両親が日柄にこだわるのか、複数の式場の料金なども確認しておきましょう。

持ち込みに関する失敗

全て会場に任せるのではなく、ドレスやウェディングケーキなど部分部分で手作りのものを持ち込んだり、お気に入りのものを外部でそろえて持ち込んだりする人も多くいます。

知人のパティシエにウェディングケーキを作ってもらうことを考えていたが、結婚式場との契約後に会場側に希望を伝えると提携業者以外の食品やサービスの持ち込みは不可と断られた。契約した会場に引き出物を持ち込みたいと言ったら、持ち込み料が引き出物1つにつき400円かかると言われた。招待客が多いので持ち込み料が多額にかかり、困った。

対策

このような失敗がないように、契約前に持ち込みに対する制限を確認しておく必要があります。また契約前に具体的に持ち込みたいものを伝えて持ち込み料の詳細や、持ち込み料が発生しないようにできるか交渉するなど、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

リサーチや比較検討で失敗しない式場選びを!

結婚式場選びの失敗では、事前にいかに準備し、複数の会場を比較検討するかがポイントになります。式場選びで後悔しないように、上述の失敗例、対策を参考にして式場を選びましょう。

こだわり派の花嫁さん必見 熊谷の結婚式場 厳選集